January 05, 2020

50年前の自分と...

[Book, Jazz]

探し物をしていたら、シミだらけのサルトルの「嘔吐」(白井浩司・訳 人文書院)が出てきた。何気に頁を捲ると29頁目に傍線が引かれていた。傍線の箇所を書き出すと...『いま演奏されているのはジャズである。ここにはメロディーがなく、音そのものの連続であり、無数の小さい振動の反覆である。その振動は休むことを知らない。それを出現させ滅びさせる頑固な一つの秩序があって、勝手に再びあらわれたり停滞したりする暇を与えない。振動は、流れ押し合い、そして行き過ぎながら乾いたひびきで私を撃ち、消えて行く。私はそれを止めたいと思う。しかし私は知っている。よしんば私が一振動をとらえることができたにしても、それは私の指の間に、つまらない、すぐに衰えて行く一音としてしか、残らないだろうということを。だからそれらのものが滅びて行くのを、承認しなければならない。その死を<欲し>さえもしなければならない。私はこれほどきびしい力強い感銘をあまり体験したことがない。』
どうして傍線を引いたのか記憶に無いが、Eric DolphyのLP/LAST Date に刻まれたDolphyの言葉「When you hear music,after it's over,it's gone in the air. You can never capture it again.」と重なって見えてきた。「嘔吐」が書かれた1930年代とLAST DATE が吹き込まれた1964年とではジャズの様式も違っているが、その底に流れるモノは変っていないと...いうことだろうか。
ロカンタンもジャズを聴いているときは吐き気から逃れることができたようだ。50年前の自分もジャズを聴いて日常的な不条理が齎す吐き気を回避していた。

Eric Dolphy MISS ANN

Posted by S.Igarashi at 04:14 PM | コメント (0)

January 02, 2020

2020 New Year

[BLOG]


と云うことで年が明けました。
年賀状も元日の午後から...作り出す始末でした。
一昔前の2008年の子年はマウスをモチーフに...その前の1996年もやはりマウスでしたが...NetscapeのWindowと云う処が時代を感じさせます。なんて...追憶と妄想に浸っていたら元日に出すのも間に合わず、今日になってしまいました。..m(_ _)m

Posted by S.Igarashi at 02:49 PM | コメント (0)

December 18, 2019

地図帳の深読み

[Book, Geography]

地図帳の深読み 今尾 恵介 (著)
私も中学生のときに使っていた帝国書院の地図帳は未だに持っている。「中学校社会科地図-最新版-」とあり、奥付を見ると昭和36年12月20日発行・定価200円となっており、58年前は最新版だったのだ。このブログにも「中学校社会科地図-最新版-」から引用している記事が数点ある。
前書きを読むと帝国書院からの執筆依頼されて「地図帳の深読み」を上梓したようだ。と云うことで地図帳は地球上の人工物と、地形等の自然環境を記録したデータブックでもある訳だが、そこには人々の生活、争い、侵略、支配と隷属の関係等も刻まれている。そうした関係性を深読みする指南書でもある訳だが、それは著者や読者の関心事に温度差もあり、成程と感心する面と、些か物足りない面もあるのは、帝国書院の地図帳から添付されている地図の縮尺から情報量も限定され致し方ないのかも...。
「第2章 境界は語る」の「かつての田舎は大都会ー日本の5人に1人は武蔵の人」は横浜市出身の筆者らしい説だ。川崎市と横浜市のおよそ3/4は武蔵の国との記述を裏付ける資料となる筈の帝国書院「中学校社会科地図」の「昔の国名と国境」が1/15,000,000と云う尺度では筆者が鉄道の駅を目安に国境の位置を説明すると云う苦しい解説...そういえば9年前にJEDI:多摩の横山・分水嶺を相武する。で、武蔵と相模を分ける境川の源流にも行きましたが、境川の下流域は片瀬川と名を変え江ノ島近くの相模湾に注いでいる。本書でも三多摩地域が明治26年まで神奈川県に所属していたこと、玉川上水の水源問題で東京都に移管されたことが述べられているが、元々武蔵の国、江戸幕府のインフラ整備で造られた上水。その事に、26年も経ってから漸く気付いたということでしょうか。
そういえば、昭和の時代まで多摩御陵と言われていた天皇陵が、武蔵陵と言うようになったのは何故?だろう。天皇による東国支配の礎の意味か。

続きを読む "地図帳の深読み"
Posted by S.Igarashi at 10:48 AM | コメント (0)
Syndicate this site (XML)
Creative Commons License
This weblog is licensed under a Creative Commons License.
Powered by
Movable Type 2.64
madeonamac-1.gif