October 18, 2019

熊野木遣節

[Book]

熊野木遣節 (民俗伝奇小説集)宇江敏勝 著
宇江敏勝を知ったのはEテレのこころの時代〜宗教・人生〜「山の人生 山の文学」だった、
番組は『熊野古道に近い和歌山県田辺市中辺路町に暮らす作家の宇江敏勝さん(81)。炭焼きの家に生まれた宇江さんは、自ら炭焼きや山林労働者として働き、山人たちの暮らしをつづった数々のルポルタージュを発表してきた。そして2011年から、果無山脈や十津川などを舞台に、山の民の信仰や伝説を描いた民俗伝奇小説を書き継いできた。熊野に生き、そして書いた、宇江さんのはるかなる山の人生と文学について語っていただく。』と云うものだ。
農民作家の山下惣一の日本の「村」再考は読んだ事があるが、林業作家の本は読んだ事がない。柳田国男や南方熊楠から影響を受けているということだが、宇江敏勝が宮本常一の「忘れられた日本人」そのものではないだろうか、民族学者ではなく、山で暮らす人が直に聴き取った伝奇に作家の構想力を重ねると...どうなるのか。土佐源氏とまた違う物語が読めそうだ。和歌山といえば中上健次のオリュウノオバ物語に通じるものもありそうだ。と云うことで、本書を手に入れてしまった。

続きを読む "熊野木遣節"
Posted by S.Igarashi at 09:51 PM | コメント (0)

September 21, 2019

東京駅から八日町へ二つの展覧会

[art]

と云うことで、昨日の午後、東京ステーションギャラリーの没後90年記念 岸田劉生展を観てから中央線特別快速で一路西方へ...八王子で下車、八日町の八王子夢美術館で素描礼讃 岸田劉生と木村荘八を...そんな訳で二つの展覧会を梯子した。
目的は《道路と土手と塀(切通之写生)》の確認と、以前、東京ステーションギャラリーの生誕120年 木村荘八 展を見損ねたので、是非とも墨東奇譚の挿絵も観たかったのだが、それも新聞小説を丁寧にスクラップしてあるノートも展示。
明治・大正・昭和と生きた木村荘八が昭和30年に描いた千住のお化け煙突...僅かに自分とも時代が重なる。
と云うことで、なんちゃって絵画探偵となり、先ずは時層地図から切り通しを検証...。

続きを読む "東京駅から八日町へ二つの展覧会"
Posted by S.Igarashi at 11:04 AM | コメント (0)
Syndicate this site (XML)
Creative Commons License
This weblog is licensed under a Creative Commons License.
Powered by
Movable Type 2.64
madeonamac-1.gif