July 10, 2016

B面昭和史 1926~1945

[Book]

B面昭和史 1926-1945
東京新聞・書評を読み、これは読まねばと、くまざわ書店で買い求めた。生憎と未だ文庫本にはなってなく、単行本で598頁は携行するには些か大きすぎるが、Kindle版もiBook版も用意されており、アナログでもデジタルでも読書スタイルは自由に選択可能である。
『国民はいかにして戦争になびいていったのか?政府や軍部の動きを中心に戦前日本を語り下ろした『昭和史1926‐1945』(=A面)と対をなす、国民の目線から綴った“もうひとつの昭和史”』と云うのは出版社のコピーだろうが、プロローグの言葉を引用すると『…本書が主題とするのは歴史探偵が掘りだした、ごく一般の日々の生活にあった話だけで昭和史を語ってみよう、というのである。片々たる街の片隅の裏話で滔々たる歴史の流れがたどれるか、となると、かならずしも自身はないが、「細部にこそ神が宿る」という言葉もある。民草の日常の生活のすぐそこににある「こぼれ話」を拾い出し、それらをつなげてゆくことで、かえって時代というもののほんとうの姿がみえてくることになるかもしれない。….』そして、後書きでは『わたしたち民草がどのように時勢の動きに流され、何をそのときどきで考えていたか、つまり戦争への過程を昭和史から知ることが、平和でありつづけるための日常的努力ではないかと思われるのです。
過去の戦争は決して指導者だけでやったものでなく、わたくしたち民草がその気になったのです。総力戦の掛け声に率先して乗ったのです。それゆえに実際に何があったのか、誰が何をしたのか、それをくり返し考え知ることが大事だと思います。無念の死をとげた人びとのことを忘れないこと、それはふたたび同じことをくり返さないことに通じるからです』…と。

続きを読む "B面昭和史 1926~1945"
Posted by S.Igarashi at 09:39 AM | コメント (0)

July 06, 2016

選挙に行こう

[Think]

saninsen2016.jpg

11年前にも書いていたが『為政者による憲法改定の真の目的は「主権在民」を葬ることにあることを肝に銘ずべき。』を再録。

それゆけボムたん!その1 〜dis郎とゆかいな参院選〜
それゆけボムたん!その2 〜dis郎とゆかいな争点隠し〜
それゆけボムたん!その3 〜dis郎とゆかいな再分配〜

関連
誰のための憲法改「正」?』自民党草案を読み込むワクワク出前講座・馬場利子著
改憲も悪くないんじゃないかと思っているあなたに知ってほしい7つのこと
やっぱり自民党に投票しようと思っているあなたに知ってほしい7つのこと
当ブログ内・関連
May 03, 2007:日本国憲法

Posted by S.Igarashi at 08:50 AM | コメント (0)

July 01, 2016

たべたのだーれだ?

[Book]

福音館の月刊予約絵本「こどものとも0.1.2.」 2016年8月号はたむらしげる作『たべたのだーれだ?』だ。
同シリーズの『ごろんこ ゆきだるま』では布を使った手縫いによる絵本、『ふわふわぐーぐー』では毛糸玉を使った絵本、『ペロチュパチュー』では色紙を使った「ちぎり絵」を、そして『たべたのだーれだ?』では、とうとう絵本に穴を開けてしまった。さて...穴からだーれが見えるのかな?

Posted by S.Igarashi at 05:10 PM | コメント (0)
Syndicate this site (XML)
Creative Commons License
This weblog is licensed under a Creative Commons License.
Powered by
Movable Type 2.64
madeonamac-1.gif