January 22, 2018

150年...

tokyojin201802s.jpg

東京人表紙のコピー『明治政府も偉かったけど、....』は権力に忖度しているようで気持が悪いが、明治100年から50年が経ち、批判的に明治を語る作家、歴史家も増えている。それにしても、腹黒い悪党面から実直そうな顔立ちまで...様々な人物写真が揃っているのも面白い。
そういえば、最初に事務所登録したのが氷川神社下の赤坂六丁目のワンルームだった。その頃、勝海舟の居所が氷川神社下にあったらしいと探してみたが、謂われを示す標識も石碑とかも見つからず分からなかった。そして今、GoogleMapで調べると、なんとそのワンルームマンションが勝海舟邸跡とは...驚いた。昨今の歴史ブームで港区の教育委員会が標識を設置したのでしょうか、ネット検索の力に感謝。その後、南青山4丁目に移ったが、其処は日向国高鍋藩・秋月家下屋敷跡、あの上杉鷹山の実家であった。それも「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も ナセルはアラブの大統領」と...鷹山のお言葉のパロディを意味も解らず真似して口遊む様なバカなガキだった私に反省の機会を与えてくれたのであろう。江戸東京も至る所に歴史が眠っていると実感した次第。
参照:東洋経済オンライン・半藤一利「明治維新150周年、何がめでたい」

Posted by S.Igarashi at 11:11 AM | コメント (0)

January 01, 2018

鶏犬相聞こゆ

2018nenga.jpg

年賀状作成の時間もなく昨年のフォーマットを再利用...北斎漫画十一編「鶏犬の声に 吉凶を知る」から三匹の犬を借用...昨年の若冲の鶏はそのままで...何とか大晦日に投函。
と云うことで、元日に年賀状を戴いた皆さま、今暫くお待ち下さい。m(_ _)m

Posted by S.Igarashi at 11:51 AM | コメント (0)