October 29, 2007

週末はLeopardで...

と云うことで週末はLeopardで丸二日、時間を潰されることになりました。まぁ上図の如く当分の間は起動ディスクを切り替えてTigerとLeopardを併存して使うことになりそうです。それはさておき64bit-OSの賜物でしょうか、私のG5も"Leopard"にして体感速度は確かに向上してますね。特にAppleの純正アプリケーションでその効果が顕著になっています。

"Leopard"インストールまでのプロセスは次の通り。
既存ハードウェア:Power Mac G5-2Ghz(DualCore)3GBメモリ、HD-160GB(起動ディスク)、増設内蔵HD-250GB

Step-1
用意したものは内蔵HD-500GBと外付HD-500GBの二台のハードディスク。先ずは外付HD-500GBに既存内蔵HD-250GBのデータをバックアップした後、既存内蔵HD-250GBを初期化。

Step-2
初期化した既存HD-250GBに"MacOSX Tiger"をクリーン・インストールして、既存HD-160GBの情報を転送する。

Step-3
"MacOSX Tiger"がインストールされた既存HD-250GBの動作を検証、"iWork '08"を再インストールしただけで、モリサワ製のフォント環境等、他は問題ないことを確認。

Step-4
電源コード等を抜いてPower Mac G5-2Ghz(DualCore)の筐体を開き、ハードディスクを換装する。二台の既存HDを外し、上段のドライブAに新設の内蔵HD-500GBを装着、下段のドライブBに既存の内蔵HD-250GBを装着する。

Step-5
電源を投入しPower Mac G5-2Ghzの動作を確認。新設内蔵HD-500GBに"MacOSX Leopard"をクリーン・インストールして、既存HD-250GBの情報を転送する。

Step-6
Power Mac G5-2Ghzを再起動して動作を確認する。

以下の「転送時の警告とエラー」が指摘される。

次のアプリケーションは再インストールする必要があります:
- Virex 7.2

次のファイルの転送中に問題が発生しました:
- パス /Volumes/SpaceShopIIX/Applications/Adobe Illustrator CS2/./Legal.localized/TieÃÇÃÅng VieÃÇÃt.html のファイルをコピー中にエラーが起きました。No such file or directory(2)
- パス /Volumes/SpaceShopIIX/Applications/Adobe Photoshop CS2/./Legal.localized/TieÃÇÃÅng VieÃÇÃt.html のファイルをコピー中にエラーが起きました。No such file or directory(2)
エラーと警告:
- “Adobe Illustrator CS2”にあるファイルのいくつかが転送できませんでした
- “Adobe Photoshop CS2”にあるファイルのいくつかが転送できませんでした

Photoshop CS2は立ち上がったがスキャナーからの読み込み不能、Illustrator CS2は起動しない。再度、パッケージからAdobe Creative Suite 2をインストールしようかとも考えたがアンインストール等、面倒なことが多いので、既存HD-250GB(Tiger)と新設HD-500GB(Leopard)のアプリケーション・フォルダの内容を比較して、転送されていない書類等を手作業でコピーして、問題解決。

再起動後、受信ウィンドウが表示されない等の問題のあったMailは再インストールで問題解決したが"Safari"のRSSが何かとコンフリクトを起しているのか頁が開かない現象が見られる。

他に"Snapz Pro X"のレジストレーションが白紙化されていたが、レジスターから再登録すると新しいコードが発行され使用可能となった。但し、"Snapz Pro X"の1.0での登録なので2.0.2の機能全てを使うにはグレードアップしなければならない、その所為か今まで使えていたショートカットが使えなくなってしまった。
と云うことで古いOS9兼用のCarbonアプリケーションを除いて概ね問題は無いようだが。
エルゴソフトの「パワーアップキット for Leopard」もダウンロードしてegword Universal 2とegbridge Universal 2 を Mac OS X 10.5 Leopard に対応させる。egbridgeの辞書機能とLeopardの辞書機能、それぞれを用途に応じて使い分けられるのが良い。

Step-7
外付HD-500GBにバックアップしてあったデータを内蔵HDに移動、外付HD-500GBを初期化してTime machineにする予定であるが、それはデータを整頓して"Leopard"が安定してから行なうつもりでいる。

まぁ、何しろ200GB位のデータをあちこち移動して引っ越ししたので、時間のかかること。ヤレヤレである。

追記:Leopardのリリースと同時に最新のFileMaker Information がお送られてきた。

FileMaker が Mac OS X Leopard互換性アップデートの日程を発表

http://www.filemaker.co.jp/support/leopard.html
────────────────────────────────────
FileMaker は、Leopard (Mac OS X 10.5) のリリースをとても喜んでいます。FileMaker Pro 9 および FileMaker Pro 9 Advanced は、Leopard 上で問題が2つあることが分かっていますが、一般的にLeopard にて動作します。
FileMaker は、ダウンロード可能なアップデートを、無料で、2007年11月20日(日本時間)に利用開始できるのを目標としています。アップデート提供の最新情報については、無料の FileMaker Information を予約購読されることをお勧めします。

以下が、FileMaker Pro 9 および FileMaker Pro 9 Advanced について分かっている問題です。

・インスタントWeb公開の機能が動作しない。
・Leopard (Mac OS X 10.5) 上では、FileMaker Pro 9 および FileMakerPro 9 Advanced の各言語バージョンは、Mac OS のシステム環境設定の言語環境が特定の地域に設定されている場合のみ動作する。たとえば、FileMakerの英語バージョンは、地域がアメリカ合衆国に設定されている場合のみ動作する。FileMaker の英語バージョンは、地域がイギリス、オーストラリア、フランス、その他の地域に設定されている場合には、動作しない。同様に、FileMakerの日本語バージョンは、地域が日本に設定されている場合のみ動作する。

FileMaker Server 9 および FileMaker Server 9 Advanced は、現在はLeopard 上で適切に稼働してはいません。FileMaker は、FileMakerServer 9 および FileMaker Server 9 Advanced のLeopard互換性アップデートの作業をおこなっていますが、目下のところ、アップデートの開始予定日は確定しておりません。アップデート情報についてはやはり、無料の FileMaker Information を予約購読されることをお勧めします。

FileMaker はまた、9よりも前のバージョンの FileMaker ソフトウェアについては、これまでMac OS X Leopard上でテストを実施しておりませんし、アップデートをリリースすることを意図してはおりません。

最後の文章は感じが悪いですね。何も上から目線で感情的に物を言うことはないよね。はっきり言ってビジネス文書になってない。つまり、これは早く「FileMaker 9」を買えと云うことだろうけどカスタマーに対して、もう少し表現を考えた方が良いでしょうね。私なんかFileMaker を使う頻度からすると「FileMaker 7」のままで問題ないのだが、、、

Posted by S.Igarashi at 01:27 PM | コメント (8)

October 26, 2007

Leopardが...

と云うことで"Mac OS X Leopard"が今し方届きました。パッケージは年々小さくなるようでCDジャケット・サイズに近い。パッケージの裏面はこんな風になってます。秋葉館に注文したハードディスクも昨日届いたから、これを機会に先ずはハードディスクの大掃除とデータのバックアップを取ってから、インストールは日曜にゆっくりと... 。

Posted by S.Igarashi at 11:17 AM | トラックバック

October 24, 2007

運が良ければ...

iPod-touch-Honda.jpg

運が良ければiPod touchが当るキャンペーンがある。条件はHONDA CROSSROADのメールサービスに登録すること。締切は12月10日。因みに画面はiPod touchで見る"Honda Podline"。

Posted by S.Igarashi at 04:46 PM | コメント (2)

October 23, 2007

タレル的な...

先週、横須賀美術館を見てきた。特に開催中の「澁澤龍彦 幻想美術館」を見たかった訳でもはなく、神奈川県立近代美術館-鎌倉の「アントニン&ノエミ・レーモンド」を見に行った足で、ちょっと横須賀までと思い立った。
1階の企画展示室を繋ぐ廊下から浦賀水道を航行する貨物船を見ていたら、係員の女性が『日没後の天窓も色が、、、奇麗ですよ。』と教えてくれた。

なるほど、時間限定だけど、タレル的な孔々である。建物を構成するニュートラルなマテリアルがより一層の効果を生んでいるように見える。(念の為、壁は白ですが、照明の色温度の関係で赤みを帯びて、それが青の補色効果を強調しているようです。)

と云うことで肝心の展覧会ですが、『澁澤龍彦 幻想美術館』は表現者として、ディレッタントしての澁澤龍彦と昭和の時代を俯瞰的に観るには良い企画だと思います。何か1970年代というか昭和40年代のユリイカや現代思想、美術手帖等の雑誌を観ているようで、時代がプレイバックしているように思えました。最初の展示物がジャン・コクトーの「大股開き」続いて、マン・レイのサド公爵、、後は、ご想像を、、、。

Posted by S.Igarashi at 09:48 AM | コメント (7)

October 20, 2007

ご臨終メディア

ご臨終メディア:森 達也 ・森巣 博 (著) 集英社新書
副題が「質問しないマスコミと一人で考えない日本人」つまり、思考停止状態なのはメディアも一般大衆も大差ないと云う事であろう。僕は常々、メディアに対して脳死状態にあると見ていたが、二人の著者は既にメディアを「ご臨終」したと見做している。
放送メディアだけでなく活字メディアにしても書店の店頭に平積みにされた「売りたい本」の山を見ると、権力に阿るメディアによって国民をどの方向に向かわせるのか情報操作されているような暗澹たる気持ちにされるのであるが...やはり、活字メディアもご臨終ということか。

Posted by S.Igarashi at 10:24 AM | コメント (0) | トラックバック

October 19, 2007

iTunes Plusの値下げ

iTunes Plusの200万曲以上を新たに99セントで提供開始と云うことで、個々のアルバムの楽曲は200円から150円に訂正されているようだがiTunes StoreのiTunes Plusへのアクセスが混雑しているようである。するとiTunes Plusアップグレードはどうなるのだろうか。経過措置としての対応だったのだろうか、差額がなくなってもアップグレードに対応するのか、さてさて。

ようやく"iTunes Plus"に接続するとライブラリアップグレードへの案内がされ、説明が英語から日本語になっていた。アップグレード料金は以前と同じ据え置き。うーむ。

Posted by S.Igarashi at 09:32 AM | コメント (0) | トラックバック

October 17, 2007

Mac OS X Leopard

Leopard.jpg
後9日余りで登場するMac OS X Leopardであるが、新機能を快適に使うにはHD等をアップグレードして準備しないと、、、ん〜む。

Posted by S.Igarashi at 09:08 AM | コメント (5)

October 16, 2007

ブリコルールな...

ブリコルールな人々である。左が鑿井(さくせい)工事のボーリングの刃先とケーシング、右はそれにスリットを開け、パイプの足を付けると焼き鳥コンロの出来上がり。『遊びで井戸掘りしてるんだ。』と云うオヤジさんの本職は焼鳥屋らしい、でも一年に数えるほどしか仕事をしないで遊んでばかりいるらしい。

と云うことで、こちらは「ハウスなバラック」の建っている石田産業の敷地内で開催された「石田倉庫のアートな二日間」の様子。

Posted by S.Igarashi at 02:15 AM | コメント (0)

October 14, 2007

ハウスなバラック

私としては珍しく日曜なのに午前中、立川まで出掛け「石田倉庫のアートな二日間」を見てきた。立川と云う土地柄か会場となった石田倉庫・敷地内の一画に進駐軍ハウスにあやかってペイント塗装したようなバラックが建っていた。

ヤレた塗装面が美しい。裏側は全く異なる面を見せている。

Posted by S.Igarashi at 03:18 PM | コメント (4)

October 13, 2007

春日明夫のオモチャ箱展、とか

紹介するのが遅れましたが17日(水)まで東京造形大学・ZOKEIギャラリー(12号館1階・日曜休館)にて春日明夫のオモチャ箱展が開かれています。会場の様子はこんな風です。昨日、授業の前にチラッと見てきましたが、800点余りの展示品はじっくり見たら面白いものばかりです。スクールバスの時刻表や他の交通手段でのアクセスはこちらを参照してください。

ZokeiWiFi.jpg

と云うことで昨日は授業が終ってから、iPod touch で10月から大学構内に構築された無線LANを試してみました。セキュリティはWi-Fiへの接続でパスワード入力が求められLANへの接続でIDとパスワードが必要という二重のガードで守られています。それでWi-Fi環境の使い勝手を確かめるネットサーフを始めたら黒川紀章の死を知りました。彼のライバルである磯崎新の設計による建物内で、そのNewsを知ったのは偶然ですが、、、象徴的でした。

Posted by S.Igarashi at 11:41 AM | コメント (8) | トラックバック

October 11, 2007

今日の迷惑電話・母屋編

トゥルルル、、♪
「はい、、」
もしもし、シーボン化粧品です、、
「あっ、そーゆーモノを使う美しい人は生憎と家にいません。今年92歳になるバアサンならいますが、、、」
失礼しました。』ガシャ、
ツー、ツー、ツー。

Posted by S.Igarashi at 01:20 PM | コメント (2)

October 10, 2007

復刻版 岩波写真文庫

iwanamiAG-select01.jpg

と云うことで『復刻版  岩波写真文庫  赤瀬川原平セレクション』の全10冊(科学編5冊・社会編5冊)である。駅前の啓文堂書店でdanchu11月号を買うつもりで立ち寄り、平積みされている暴走老人!を手に取り、買おうか買うまいか迷っていると、前方斜め右の目線の高さの書棚に赤瀬川原平セレクションの文字が目に入った。『戦後腹ぺこ時代のシャッター音』はAmazonに注文してあるが、写真文庫は原物を見てから買うか決めようと思っていた。箱から出して頁をめくり始めると、これはタイムマシンである。生まれてから意識が目覚め初めて見た原風景やグラフ雑誌やニュース映画等のメディアで知った出来事が記録されている。これは自分の記憶とすり合わせ、その時代を再確認する為にも必要なアイテムと成り得るし、第一どれを見ても面白いのである。

科学編の蛔虫 (岩波写真文庫 赤瀬川原平セレクション 復刻版)には野糞についても見開き二頁で写真と「うんちく」が語られている。

野糞はふつう農村に多いとされている。農村の状態から見て当然であろう。その上にハイキングに行く人なども残してくる。ところが、少いと思われがちの都会にも、案外野糞は多い。公園の草むらなどにもよくあるし、屋外の行事のあとには、必ずといってもよいほど多い。野糞と弁当の殻が相接している風景もよく見られる。また、ないようで多いのが公衆便所の近所である。便所が汚れていることが多いからであろう。このような都会の野糞は戦後特に多い。野糞ではないが、似たものに列車便所から線路に落ちたものがある。列車が長く止っている駅の線路には物すごいほど多い。
丁寧にも調査した公園の見取り図に野糞の位置を示した図も添えられている。
戦後、衛生観念を啓蒙する意味で出版された写真文庫だと思うが、ある意味、大らかな時代でもあった。
今や、犬の糞もお持ち帰りする時代である。野糞なんてとんでもない、ブルーシートで生活する人々も公園の水洗便所で用を足すのが常識となった。

Posted by S.Igarashi at 02:09 PM | コメント (10)

October 08, 2007

戦後腹ぺこ時代のシャッター音

harapeko.jpg戦後腹ぺこ時代のシャッター音・岩波写真文庫再発見
赤瀬川原平・著 (1600円+税)
と云うことで本書と同時に『復刻版  岩波写真文庫  赤瀬川原平セレクション』全10冊(科学編5冊・社会編5冊)が岩波書店から9月27日に発売されている。12月には東京をテーマに『川本三郎セレクション』全5冊が刊行される予定である。最近話題の岩波写真文庫であるが、『A瀬川原平セレクション』と来たら『F森教授セレクション』が有って良さそうである。こちらも期待しよう。

内容
アメリカ人の生活を見る・・・・・岩波写真文庫5『アメリカ人』1950
捕鯨船団ヤマトの時代・・・・・・岩波写真文庫3『南氷洋の捕鯨』1950・赤瀬川セレクション
肖像からはじまった写真・・・・・岩波写真文庫8『写真』1950
電気がまだハダカだった・・・・岩波写真文庫190『家庭の電気』1956
日本人はなぜ野球がすきなのか・・・・・岩波写真文庫35『野球の科学』1951
車がまだ自動車だったころ・・・・・岩波写真文庫94『自動車の話』1953・赤瀬川セレクション
むかし見た明るい夢・・・・・岩波写真文庫65『ソヴェト連邦』1952・赤瀬川セレクション
黒々として神々しい巨大獣・・・・・岩波写真文庫21『汽車』1951・赤瀬川セレクション
靴ぴったり至上主義のころ・・・・・岩波写真文庫118『はきもの』1954
芸術も前進の時代だった・・・・・岩波写真文庫78『近代芸術』1953
不潔でも逞しかった蛔虫時代・・・・・岩波写真文庫44『蛔虫』1951・赤瀬川セレクション
日本列島初の同時多発フォト・・・・・岩波写真文庫183『日本 一九五五年十月八日』1956・赤瀬川セレクション
交通巡査の立っていた東京・・・・・岩波写真文庫68『東京案内』1952
電話番号の下に(呼)があった・・・・・岩波写真文庫34『電話』1951
どこを写真に撮っても様になる・・・・・岩波写真文庫194『パリの素顔』1956
産業革命を率いた王様・・・・・岩波写真文庫49『石炭』1951・赤瀬川セレクション
鉄と海が相手の職人魂・・・・・岩波写真文庫67『造船』1952
真実の漏れ出る部分・・・・・岩波写真文庫13『心と顔』1951
子供特派員の目の輝き・・・・・岩波写真文庫199『子供は見る』1956
玉音放送を聞いて家路に・・・・・岩波写真文庫101『戦争と日本人』1953・赤瀬川セレクション
排気ガスの代わりに馬糞があった・・・・・岩波写真文庫48『馬』1951・赤瀬川セレクション
団塊世代が一年生だった頃・・・・・岩波写真文庫143『一年生』1955・赤瀬川セレクション
塩分欠乏でへたり込んでいた・・・・・岩波写真文庫193『塩の話』1956
深山幽谷から色香まで・・・・・岩波写真文庫213『自然と心』1957

Posted by S.Igarashi at 08:34 AM | コメント (2)

October 07, 2007

図説・明治の地図で見る鹿鳴館時代の東京

図説・明治の地図で見る鹿鳴館時代の東京
学習研究社・発行(1900+税)
参謀本部陸軍部測量局によって明治17年に完了した測量に基づいて作成されたフランス図式『五千分一東京図』35面の内、34面の地形図が収録され、併せて国土地理院による地形図と古写真や錦絵が参照されている。地図の範囲は北東が浅草周辺、北西が早稲田周辺、南東は海で欠番となっているが現在の晴海、南西が広尾周辺までの区域である。芝公園周辺地図を見ると芝増上寺の将軍家霊廟の殆どが西武鉄道グループに買い占められたことが解る。戦災で消失したとは云え、なんだか、、である。写真などの図版も多くマッパーならずとも持って置きたい一冊である。

Posted by S.Igarashi at 10:00 AM

October 06, 2007

鉄道博物館

railwaymuseum.jpg

と云うことで昨夜のタモリ倶楽部は、2006年の5月14日に閉館された交通博物館に代わって、さいたま市に10月14日にオープンする鉄道博物館からの中継録画の前編であった。新装オープンする鉄博(マニアはそう言うらしい)はタモリや原田芳雄らの還暦を過ぎた鉄ちゃん達も番組を忘れて大はしゃぎするだけの規模と内容が揃っている。そういえば、学校の帰りに地下鉄車内で鉄道系の本を熱心に読んでいる鉄子さんを見掛けたが、あれは本物の鉄子さんなのか、業界関係者が鉄道博物館の取材の為に勉強していたのか、良く解らなくなった。

Posted by S.Igarashi at 01:00 PM | コメント (0)

October 05, 2007

ゆきだるまくん、どこいくの?

たむらくんより偕成社から10月上旬発売の『ゆきだるまくん、どこいくの?』が届いた。
表紙は大胆なだ。大胆なのは表紙だけでなく中身もかなりなモノだ。絵本としては異例の黄色を用いた二色刷りでページ数は96ページもある。
"やなせたかし"が"大竹まこと"とのラジオの対談で『キャラクターをしっかり考えれば、自然に動き出して面白くなる。』と言っていた。この『ゆきだるまくん』も、最初の数コマを描いたら、後は自然に動き出したに違いない。それが大騒動を起すとは、、、いやはや。

Posted by S.Igarashi at 10:00 AM | コメント (3)

October 04, 2007

My Foolish Heart

昨日、日本で先行発売された"Keith Jarrett"の新しいアルバム"My Foolish Heart"は2001Montreux Jazz Festivalのライブレコーディングだ。
演奏が終わり鳴り止まぬ拍手の中、"Keith Jarrett, Jack De Johnette, Gary Peacock, The Trio!"のアナウンスが、そう、正にこれは"The Trio"である。6年の間、キースの手元で「然るべき時が現れるまで」暖めておかれた音源である。20世紀から21世紀へとジャズの歴史を受け継ぐ"The Trio"のチャレンジングな演奏の全てを聴くことができる。"The Trio"と同時代を生きてきたことを喜びたい。

それにしてもライナーノーツに寄せたキース・ジャレットの文章の翻訳が酷すぎる。何しろコンピュータの翻訳ソフトによる翻訳に手を加えた程度なのである。「なんだこりゃ、酷え文章だ!」と思ったら、最後に「K.J.」と翻訳家のクレジットが、、ん〜、レコード会社も翻訳家の日本語能力の問題やジャズ・コミュニティへの理解のレベルとか考えて人選して欲しい。
三人の中で彼が一番年少である。そのキースが"Mr.Peacock and Mr.Johnette"と年長者に敬意をこめて記した文を『ピーコック君とディジョネット君』と訳すとは、、62歳の男が71歳と65歳の男に君はねぇ、、お友達内閣じゃあるまいし、英語が全く不得手の私でさえ呆れるのである。スマップの中居じゃなくても「君じゃねぇーだろ!」と言いたくなる。

それは置いといて、CD-1の6曲目、スウィングジャズの定番"Ain't Misbehavin'"(邦題:浮気はやめた)のスウィンギーでノリの良い演奏もキースの別な面を見せてくれます。ジャックとゲーリーのサポートも良い!、続くCD二枚目の"Honeysuckle Rose"もご機嫌な演奏。これはiTunesのプレイリストで続けて聴くのが良い。

因みに他に私の持っているCDから"My Foolish Heart"でプレイリストを作るとこんな風になりました。
Bill EvansはもちろんNino JoseleのギターもHolly Coleのヴォーカルも、とてもeのだ与。

Posted by S.Igarashi at 10:00 AM | コメント (0)

October 03, 2007

case by case

iGaPodtouch01.jpg

iPod touchを剥き出しのままでは傷が付くといけないので取りあえずiPod Socks穿かせてみた。と云うことで何かないかとiPod touchのSafariでAssistOnにアクセスしてみたらこんなケースが見つかったのだ。
追記(2007/10/5):ポチったら、4日の朝に届いたのだ。

iGaPodtouch02.jpg
スキャナーで取込んだ地下鉄路線図をiPod touchの写真に組込んでみた。

iGaPodtouch03.jpg
拡大するとこのくらいの解像度、A4サイズを72dpiで120%で取込んでみたが、最適化されるファイルの解像度を調べて、もう一度試すとしよう。

iGaPodtouch04.jpg
と云うことで"Windows"じゃなくて"The Doors"なのだ。

Posted by S.Igarashi at 01:21 PM | コメント (8)

October 02, 2007

Touched for the very first time

Like-A-Virgin2.jpg

昨日から再放送されている3か月トピック英会話「ジュークボックス英会話 〜歌詞から学ぶ感情表現〜」の第一回は"Madonna"の"Like a virgin"てことで"Touched for the very first time.Like a beginner"さっき届いたのね。

Posted by S.Igarashi at 11:00 AM | コメント (6)