March 30, 2006

シリーズ「大人の遠足」

tokyo1TV.jpg三井不動産のWorkers' Forum MOCが提供するネットビデオ配信TOKYO1.TVシリーズ「大人の遠足」であるが、都市の歴史等を探訪するに相応しく、街並み、歴史、施設、文化情報から古地図や昔の写真などの資料も豊富で詳しい。ちょこっとミニダイブする前に調べておくと役に立つ情報が満載されている。もちろん、ダウンロードしてビデオ(Windows Media Player)で見ることもできる。なんと言っても坂が多く起伏豊かな微地形の文京区と港区の情報が豊富なのだ。とは云っても「大人の遠足」は文芸評論家監修による正統な文学系であり、縄文系アースダイバー派とか景観系スリバチ派や路上観察系トマソン派とは一線を画しているようだ。

Posted by S.Igarashi at March 30, 2006 10:29 AM
コメント

いえいえ、東奔西走神出鬼没八面六臂の御活動はきっと分身の術を、一人でハッハッハッと高笑いするお姿なぞ想像しております。

Posted by: iGa at April 1, 2006 04:39 PM

私のばあいは、「派」っていうか…(^^;;。1人だけですのでね。「派」を主張できるだけのものはありません。実態は、アースダイバー派内滋賀出張所という感じですし、それを楽しんでいますよ!ところで、もうじき『10+142グラウンディング−地図を描く身体』が書店にならぶようですね。もう販売されていますか?入手しようと思っています。

Posted by: わきた・けんいち at March 31, 2006 08:37 PM

わきたさん、お帰りなさいませ、m(__)m
環境社会学系ワッキー派もありました。
都市を観察するに一元論や二元論に収斂することもないだろうし、多様な視点があって然るべきでしょうね。何れにせよ基本は歩くことで、何かを発見することでしょう。

Posted by: iGa at March 31, 2006 05:59 PM

iGaさん、こんにちは。戻ってきました〜。さてさて、正統な文学系(歴史系も含めるかな)、縄文系アースダイバー派、景観系スリバチ派、路上観察系トマソン派、なんだか昔の大学セクトみたいです(ちなみに、私は学園紛争のころは小学生でしたので、よく知りませんけど)。なんだか、おもしろいです。学生運動は内ゲバになりましたが、街歩きは、相互協力・交流ということになってほしいですね。きっと、お互いに発見があるはずです。

Posted by: わきた・けんいち at March 31, 2006 04:54 PM